ボクスター(Boxster)は、ドイツの自動車メーカーポルシェが製造、販売するロードスターである。
初代ボクスターは、1993年のデトロイトオートショーで発表されたコンセプトカー、プロトタイプボクスターの市販車として1996年に登場。ポルシェ・968の後継機ではあるが、直列4気筒エンジンのFR方式を止め、新規開発されたM96 水平対向6気筒エンジンをミッドシップに搭載している。
ポルシェの市販されたミッドシップ車は914以来(ただし914はフォルクスワーゲンとのダブルネーム)20年ぶりである。
名前の由来は水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer )と、オープンカーを表す「ロードスター」(Roadster )を掛け合わせた造語。価格帯や搭載されるエンジン、そしてポルシェ・911に配慮して抑えられたエンジン出力によりエントリーモデルとしての性格が与えられている。

2005年にはドイツの国際的第三者試験認証機関TüV(Technischer Überwachungsverein:技術検査協会、テュフ)が発行した自動車に関するテストレポートにおいて故障率2.6%と最も故障が少ない車として認められた。ボクスターと同じ車齢2〜3年のグループではマツダ・デミオ(故障率2.8%)が2位、アウディ・A4(故障率3.2%)が3位にランクインしている。
なお日本においては、ボクスターは996型911と共に、1998年に設立されたポルシェの日本法人であるポルシェジャパンが初めて取り扱った車種である。